炭水化物抜きすぎないダイエット

炭水化物抜きダイエットが昨今人気ですが、炭水化物を抜きすぎてしまうとケトン臭がでてしまったりリバウンドもしやすいと聞きます。
なので私は3食の内2食炭水化物を抜いた食生活を心がけています。炭水化物を摂取するのは朝食のみ。

これもフルーツグラノーラとヨーグルトで軽めの朝食。これで大体40gの炭水化物の摂取です。
お昼は肉類1種、野菜3種、魚類1種とご飯の代わりにもやしを茹でたものを主食としたお弁当を職場に持参しています。
例として、鶏肉のささみを焼いたもの(味付けは梅をのせたり、塩こしょうなど。)きんぴらゴボウ、ほうれん草のごま和え、チーズ入りはんぺん焼き。

もやしが主食なので飽きないかとよく聞かれますが、今はノンオイルや低カロリーのドレッシングの種類が豊富なので、
ドレッシングで味を変えるとあまり飽きがこないで続けています。
夕食は豆腐やこんにゃく麺を主食にして炭水化物の摂取を控えた食事を摂っています。

私はこの方法で2ヶ月で4キロほど体重を減らすことができました。
完全に炭水化物を断つよりも1食摂ることで辛さが感じづらいのか長く続けやすいように思います。